TMテクノサービス    
         T・M_Techno Service    お電話でのお問い合わせ
 電話:092-932-6258
 トップページ  漏洩線量測定  遮蔽計算書  メール

放射線管理区域の漏洩線量測定及び遮蔽計算 
  当社では法令で定められている、放射線の漏洩線量測定及び遮蔽計算の作成を行っています。
Ⅰ:漏洩線量測定・・・ 漏洩線量測定は6ケ月に1回、義務づけられています。
    【医療法施行規則第30条の22】・・・抜粋
        病院又は診療所の管理者は、放射線障害の発生するおそれのある場所について、診療を開始する前に1回及び診療を開始した後にあっては6月を超えない期間ごとに1回、放射線の量を測定し、その結果に関する記録を5年間保存しなければならない。
   【電離放射線障害防止規則第54条】 ・・・抜粋
      管理区域について、6ケ月以内ごとに1回、定期的に、外部放射線による線量当量率を測定器を用いて測定し、5年間保存しなければならない。
測定の結果を、見やすい場所に掲示する等の方法によって、管理区域に立ち入る労働者に周知させなければならない。
        
Ⅱ:遮蔽計算
    医療施設の管理区域、病室、居住区域及び敷地境界において、計算により3月間当たりの漏洩実効線量を計算し放射線防護に必要な鉛厚(鉛当量)やコンクリート厚を算定することができます。
当社では厚生労働省医薬局長通知 [医政発0331第16号 平成26年3月31日医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について」による診断用エックス線診療室の遮へい計算を行っております。
 
※福岡県歯科保険医協会の会員様には、会員価格にて実施させて頂いております。
  お申込み・ご連絡の際には会員様であることをお伝えください。
 
 お電話でのお問い合わせ 
 092-932-6258
 
 メールでのお問い合わせ
メール   


 Copyright (c) 2004 tmsg All Rights Reserved.