TMテクノサービス    
         T・M_Techno Service    お電話でのお問い合わせ
 電話:092-932-6258
 トップページ  漏洩線量測定  遮蔽計算書  メール

遮蔽計算書  
 X線診療室を新設又は改造する場合、必要な鉛厚(Pbmm)を計算で求め適正な遮蔽厚かを求める必要があります。弊社では、厚生労働省医薬局長通知[医政発0331第16号 平成26年3月31日「医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について」の一部改正について]によるX線診療室の遮蔽計算を行っています。

 [1]一次X線による漏洩X線量の計算・・・利用線錐の方向
   
   EP  :  一次X線による漏洩実効線量(μSv/3ヶ月)
   X  :  X線管焦点から利用線錐方向の1mの距離における空気カーマ(μGy/mAs)
   Dt  :  遮蔽体の厚さtcmにおける空気カーマ透過率
   W  :  3ヶ月(13週間)の実効稼働負荷(mAs/3ヶ月)
   E/Ka  :  空気カーマから実効線量への換算係数(Sv/Gy)
   U  :  使用係数(方向利用率)
   T  :  居住係数(=1)
   d1  :  X線管焦点から線量評価点までの距離(m)
   複数の遮蔽体が存在する場合
   を用いて計算する。

 [2]散乱X線の漏洩X線量の計算・・・利用線錐以外の方向
   
   ES
 :  散乱X線による漏洩実効線量(μSv/3ヶ月)
   d2  :  被写体から線量評価点までの距離(m)
   d3  :  X線管球から被写体までの距離(m)
   a  :  照射野400cm2 の組織類似ファントムから1mの距離の距離における空気カーマ率のXに対する割合
   F  :  照射野の大きさ(cm2)
   400  :  基準照射野(cm2)
    ・その他のパラメータは、上記[1]と同じ  
 [3]X線管容器からの漏洩X線の計算式・・・利用線錐以外の方向
    ここで 
   EL  :  X線管容器からの漏洩線による実効線量(μSv/3ヶ月)
   XL  :  X線管容器から1mの距離における漏洩X線の空気カーマ(μGy/hr)
   tW  :  3ヶ月間の照射時間(hr)
   d4  :  管球から線量評価点までの距離(m)


  Copyright (c) 2004 tmsg All Rights Reserved.